無料会員登録

  • ユーザーネームは英数字のみ可

  • Free
  • ※会員登録をもって利用規約承諾とします。
 

Verification

LP(ランディングページ)とは?

よく、LPとかランディングページとか聞くけど何なの?と言った質問を頂きます。
主に、時代の流れに合わせてホームページを作成して、EC運営されている方なんかに多いですが…

一言で言うなら、広告ページ

と伝えております。
通常のサイトでは、単体商品の販売というよりかは様々な商品を販売できて、カートを利用して通常のお店のように買い物が出来る仕組みですが、LPはその商品の良さや売りを反映しやすくかつ通常のカートとは別で、そのまま購入できる為購買率を上げ離脱率を下げる効果が見込めます。

ちなみに、LPの別の意味で最初にアクセスするページという意味も有ります。



殆どの人の認識は、上記で解決されます。
では、LPと通常のカートでは何が違うのでしょうか?

LPページの特徴について

LPページの特徴としては、制限なく1つの商品について熱く語れる!
また、表現の幅も広がり様々な見せ方が可能となります。

通常カートでは、商品画像はここで説明文はここに記載してと表示される場所や環境が決められている為
もっと、こだわりを書きたい!表現したい!といった方にとっては、寂しい感じになってしまいます。
しかしLPは制限が無いため色々と書き込めます。

簡単に例えるとすると、今までECサイトはよく営業マンと例えられていました。
24時間休むことない営業マンです。と・・・

そこで、新たにLPを作れるようになったとします。

通常のECサイトが営業マンとしたら、LPページは全国で売り上げTOPの営業マンと思って頂ければいいと思います。

その商品の良い所や活用例など、テレビ通販のセールスマンのようにお客様に良さを分かりやすく伝えお客様が買い物しやすいように、アテンドまでしてくれるといったところかと思います。

外部リンクが少ない

当然出来る営業マンは、他の商品に揺れるような素材を持ってきません。

というのも、通常のカートでは、関連商品や他にもこんな商品といった裾を広げて購買に繋げる仕様です。
しかし、LPに関しては単体商品の販売に特化している為、他の商品等に目移りしないようにリンクが殆どありません。このため1つの商品に没頭して商品の強みや良さを知ってもらう事が可能です。

画像やアニメーションが多め

LPページでは、画像を積極的に使用して商品の良さやこだわりを表現します。
なぜなら、この記事ももっと画像を使えばこんなに読むことなく直感的に入ってくると思います。
何故それをしていないのかは・・・置いといて視覚を全面的に使用してアピールすることで
購買意欲を掻き立てるという物です。

縦長なレイアウトばかり

当然お店としては、アピールしたいことは山ほどあります。
どうしてこの商品は良いのか?なぜこの商品なのか?等ストーリーが設けられそれらを記載するためどうしても縦長なレイアウトになりがちです。しかも大体派手な表記が多く大きいインパクトを受けます。

と簡単にここまでLPについて説明してきました。
LPページは確かに販売に向いていますが、理想はカートも利用した状態で同じドメイン内にLPページがある事だと思います。なぜなら、LPページでは直帰率が増えます。というのも離脱率を極力下げる為に外部リンクが無いとお伝えしたように、そのページ以外に行く経路が絶たれているからです。

ですので、理想の作りとしては通常カートでショップを構えてより売りたい商品またはこだわっている商品のLPページを併設して、特設ページのような位置づけで利用することが理想です。

そうすることで、SEO的にも販売力的にも理想の形を築けるでしょう!